タイトル通り「10代で紫外線ケアを怠り、日焼け止めなしで遊びまくった」私の実話をお話しいたします。私は海街で育ったこともあり昔から夏になると海水浴に行くのが当たり前になっていました。毎シーズン真っ黒になる程の日焼けを繰り返していました。http://www.portellenclan.com/

私の周りの友人たちは日中外に出る機会があれば、熱心に日焼け止めを塗り時間が経つとしっかり塗り直すような美意識の高い人たちばかりでしたが、私はそんな友人たちに刺激されることなく、ただ面倒臭いという理由で日焼け止めを使用してこなかったのです。

そして、当時は少々お高いスキンケア用品を使用していたことで謎の余裕が生まれていました(笑)そんな生活を続けていた私ですが、26歳の秋ふと鏡でよく自分の肌を見てみるとポツポツとシミのようなものが出来ていることに気づきました。

慌てた私は、その日のうちに美白に特化したスキンケア用品を買い揃えてピーリング、洗顔、化粧水、シートマスク、乳液、クリームと完全ケアコースの生活が始まりました。最初のうちはターンオーバーもあるし、1ヶ月?2ヶ月ほどで美白効果が出てシミも薄くなるだろうと思っていましたが、そう簡単にはいきませんでした。

ケアを開始して半年でシミが増えていることに気がつきました。半年間毎日繰り返していた美白ケアは10代の頃に浴び続けた紫外線ダメージには到底かなわなかったのです。その後妊娠出産を経て肝斑なのかシミなのかニキビ跡なのか分からないポツポツが私の顔一面に広がり、今となってはレーザー治療を考えている始末です。こんなことになるなら10代のうちにきちっと紫外線対策をしていればよかったな、と後悔しています。