40歳の春を迎えた私。

ちまたではコロナウイルスに悩まされていますが、まだその脅威が少なく、仕事帰りに湖のほとりをジョギングしたり、有意義な日々を送っていた私に悪夢が襲い掛かった。

アスハダの効果を辛口評価!私の口コミ

3日前の朝、なぜかあごのあたりが熱い。

そしてかゆい。

さらに痛い…

赤く腫れ始めて、仕事終わりにはマスクを装着するあたりまで広がっていた。

その日は日曜日。

皮膚科を受診したくても出来ないので、我慢して次の日まで待つことにした朝起きると、鏡の前に「風船おばさん」化した私の姿。

まぶたも重く、マスクでは隠し切れないほど皮膚がパンパンに腫れあがっているではないか。

すぐに皮膚科を受診するも、たった一日なのに「ひどいですね、、、すぐに処置しましょう」と。

原因は、顔だけが赤く腫れていることなどから、化粧品かぶれと診断。

すぐにロコイド軟膏を塗りたくられた。

それでも顔のほてりやかゆみと痛みが続いて、帰宅後すぐに飲み薬を飲むように指示された。

現在、薬を処方されてから3日目。

昨日と一昨日は会社は休んだが、今日は出勤した。

それでも、マスクと眼鏡をつけて隠したのだが、通常よりも腫れた目などに「大丈夫?」との声。

帰宅後、ようやく原型に戻ってきたような自分の顔を見て少しほっとしているのだが、もともと皮膚が敏感肌であり、40歳というお肌の曲がり角に来ていたこともあり、これからどのようにして美白を目指していこうかと悩んでしまう。

そして、またこのような惨状に陥らないためには、自分の肌に合った化粧品を一から見つけ出すことになるのかと思うと、子育て中だからお金もかけたくない、時間もない。

こんな無い無いづくしでうまくいくのか。

お勧めの化粧品があれば教えてほしいくらいだ。