気になる口臭をケアするために、毎日懸命に歯磨きしているのに、なぜだか一向にマシにならない。その原因は、正しい歯磨きの方法を身につけられていないからかもしれません。一口に歯磨きといっても、ただ歯の表面を歯ブラシで撫でていれば良いというわけではありません。

イニオ

毎日の歯磨きで、歯の表面は欠かさず磨くことが出来ていても、歯ブラシが正しく当たっていない部分については、どんどん汚れが蓄積されていき、それが口臭の原因に繋がってしまうのです。特に注意すべきポイントは、歯と歯茎の間の部分。

ここは、意図的に歯ブラシを食い込ませるように当てていかなければ、普通に磨いていても汚れが取れる部分ではありませんし、人によっては歯ぐきから血が出ることなどを嫌って、あえて避けてしまいがちなところです。

ところが、この部分の汚れというのは、口臭のみならず歯周病などを誘発することにも繋がりかねない深刻なダメージになりますから、早いうちに正しいケアの仕方を身に着けておいた方が良いでしょう。口臭というのは、口の健康、歯の健康、歯茎の健康、そのトータルのバランスに大きく左右されるものですから、たかが歯磨きと侮らずに、しっかりと正しいケアを心がけることが重要です。