加齢臭が発生するのは年齢から、という具体的に年齢によって出るわけではないです。あくまで身体のメカニズムとして出てくるわけです。では、どんなことが原因なのか、といえばパルミトレイン酸という脂肪酸です。これが皮脂に含まれてくることになります。

http://www.cowantherealthing.com/

これを発生しやすくなるのがおおよそ身体の劣化が本格的に始まりはじまる40代以降とされているわけです。そして、この脂肪酸が皮膚常在菌によって分解と酸化させれることによって、所謂、加齢臭が発生する、という形になります。じゃあ40代になったら防げない、もう宿業的なにおいなの?と思うことでしょうが、実は消すことはともかく抑えるアプローチは可能です。ノネナールの原因である皮脂を取り除くことにしましょう。

つまりは、あまり過剰に皮脂がでないように、と心がけることによって加齢臭をケアできるようになります。特に加齢臭がよく出るのは頭皮です。頭皮は皮脂が多いため、その点がしっかりと洗浄されていませんと臭くなります。シャンプーは泡立て、頭皮をもみこむようにとすれば多少は加齢臭を消すことができるようになるでしょう。加齢臭対策シャンプーなんかもありますから探してみるとよいでしょう。