毎日のヘアケアでツヤ髪ストレートが復活

カテゴリー: スキンケア (page 1 of 1)

毛穴の開きに長年悩まされています

毛穴の開きに悩ませれています。学生の頃に鼻にはるパックをしていました。今となっては、逆効果であることを知りましたが、当時は、毛穴からごっそりと取れる角栓に嬉しさを感じたり、CMでもたくさん放送されていたので、ばしばしトライしていました。http://odb-project.com/

しかし、そのつけは大きく成人になってからというものの、毛穴はひらきっぱなし、黒ずみをまったくとれない。どんな化粧品や洗顔をしても効果は乏しいです。なかなか仕事がら美容にかけている時間もそんなにとれません。

多くの方が同じような悩みをかかえていると思うのですが、結局は高い化粧品や美容エステなどに通うことが一番良さそうです。やすい商品に手をだしては、効果があらわれずにがっかりする日々。どうしたらよいのか。悩ましいです。最近では、きにしないということがいちばんかなと思っています。

幸い、見た目だけで人間性が決まるのではないということは理解している方だと思います。なので、一番悩んでいた多感な時期はすぎたのかなと思います。しかし、ふとした時に幼い子供から本音で、毛穴開いているよ、鼻に黒い点々がある、などと言われてしまうとショックを受けてしまいます。本音って怖いですね。

マスクに隠れた乾燥肌

昔から乾燥肌に悩まされ、化粧ノリは悪く、化粧崩れも目立つ。http://www.dinnerinthesky.net/

化粧水、乳液などは色々試したがなかなか改善されず悩める毎日。

マスク生活が強いられる昨今、そんな肌荒れが目立たなくてラッキーと思うこともあるのが正直なところ。

しかし、マスクを外すとその乾燥具合と肌荒れ具合には毎度とてもショックを受ける。

エステに行ってお手入れをしてもらえば、見違えるほどの化粧ノリと肌のもちもち感が得られ夢のような気分になる。

しかしそんな夢のような肌の状態は、数日後にはまたいつもの乾燥肌に逆戻りという現実。

エステで使用している基礎化粧品を一通り使用して、自宅でもできるだけ保湿には心掛けてはいるものの

やはり実際にエステでお手入れしてもらうのとは効果が全く違う。

接客業をしているため、見た目には人一倍気を使わなくてはならないはずが、きれいに化粧ができずすっきりしない日々は長年続いている。

この、解決されることの無い乾燥肌の悩みを解決できるような裏技がないものか。

もし、自宅であまりお金をかけずに、簡単に継続できるようなそんな対策方法を知っている方がいたら是非とも教えてもらいたい。

そして、コロナウイルスの終息と共に、肌に自信をもってマスクを外せる日が来るのを願いたいと思う。

新陳代謝を高めて美肌へ

みなさんは「マグマヨガ」をご存知でしょうか。http://www.guildcolonialartsandtrades.org/

ヒーターで室温を上げて汗をかくホットヨガとは違い、遠赤外線効果で体温を上げることにより新陳代謝を高めることで、

肌や髪のターンオーバーを促します。

シミやシワ、肌質改善など、美容に効果的なホットヨガです。

女性であれば誰しもあるであろうお肌の悩み。

私は生理前になると口周りが粉を吹き、頬は赤みを帯びヒリヒリするのが悩みでした。

日常的にスポーツをしている為、汗をかくとさらに赤みはひどく痛い・・・。

敏感肌用の化粧品を使ってもその場しのぎでした。

ひょんなことからことからマグマヨガを初めて、最初はただ「汗すごい~気持ちいい」くらいにしか思ってなかったのが、

続けていくうちに、生理前の粉ふきが今月はないな・・・と気付く。

そして化粧ノリが良くなってる。

自分で肌を触っても何だか気持ちいいし、周りの人に「肌キレイだね」って言われるようになり、

最近何かしたっけ?と考え、マグマヨガにたどり着いた。

表面をいくら塗りたくっても、中がボロボロスカスカでは意味がないんだな。

体の内側をまず整えることが大事だと気付きました。

代謝のいい体は肌だけではなく、体内のエネルギー消費量も高まるため、痩せやすい体作りにも繋がります。

美肌作りはまず代謝から。

あなたもマグマヨガ、始めてみませんか?

目立ってきた肌トラブル

20代の頃は全く気にならなかった、むしろないに等しかった肌トラブル。30歳を目前にしたある日、旅行先のホテルの鏡をふとマジマジと見て、あまりの肌の汚さに驚きました。普段自宅でも化粧やスキンケアをする時に鏡を見ているはずなのですが、ホテルの鏡が大きかったということもあり気が付いたのです。

ヴィオテラスCセラムは市販で購入可能?私の口コミと効果を暴露!

10代、20代前半はスキンケアも適当で、それでも肌はモチモチと調子は良くシミもなし。紫外線も他人事のように感じていました。そのため日焼け止めも丁寧にはしておらず、その結果30歳目前でシミ、という形で出てきたのです。

細かいシミが1つや2つではなく、顔全体にあることにショックを受けました。この時に初めてこれまでしっかりお肌の手入れをしてこなかったことを後悔しました。これはヤバイ!!、と遅いながらもそれ以降は気を付けて美白化粧水やらを試し始めました。

しかし、年齢を更に重ねる毎にシミは少しずつ大きくなったり、シワが目立つようになったり、肌トラブルが続々と出てきます。結婚、出産を経験し、子育てに追われるにつれて独身の時のようにスキンケアにお金も時間もかけられないので仕方がないのかもしれません。

若い頃は何をしなくても調子の良い肌でも、手入れを怠るとある年齢からトラブルが起こり始めます。若い子たちも将来のためにもスキンケアはしっかり行って下さいね。

ノーメイクだと顔色が悪い

マスクをするようになってからメイクをすることがなくなったのですが、メイクをしないことで顔色が悪いなという印象が感じていて写真を撮影しても顔色がいいとは思えないです。

そこで画像編集ソフトを利用して顔色を補正するということをしているのですが、もっといい画像編集する方法がないのかなと思うのです。

ネーヴェクレマを使った私の口コミと効果がヤバ過ぎ?実店舗での販売状況も紹介!

例えば画像編集ソフトで「メイク」「エステティック」というような機能があればメイクをしていなくても画像上でメイクをするということもできるし自然なメイクができればマスクをしていてもきれいに撮影するということも可能なのではないかなと思ったのですが、なかなか難しいのかなともいます。

逆に使いこなせるようになればオンライン会議でもメイクをしていなくても画像上でメイクをしていれば問題はないのかなと思うのし、編集ソフト上のメイクがきっかけで実際のメイクも変えるきっかけになるかなと思うのでイメージチェンジにもなるだろうなと思うのです。

今は外出時のマスクでメイクをしなくなったけど、その間に新しいメイクにチャレンジするという意味で編集ソフトを活用したいなと思い、どんなソフトを使ったらいいのかというところから探しているところです。

花粉の時期の救世主

こんにちは。日に日に春めいてきている今日この頃ですね。ハダキララは実店舗で購入

こんな時期に気になるのが、花粉。年々飛散量が多くなっている気がするのは筆者だけでしょうか。お外に出るときはマスク必須です。

さて、マスクをすると頬のあたりが擦れてカサカサになってしまいますよね。せっかく頑張って保湿したのに水分を全てマスクに奪い取られるかの如く…困ったものです。化粧ノリも最悪ですね。

さて、こんなときに役立つのが資生堂さんから発売されているディープログラムシリーズです。肌荒れのときにつけてほしい、がキャッチコピーで発売されている商品で、お肌にやさしい処方になっています。筆者はCCクリームを愛用しているのですが、荒れてしまってお化粧したくないときでもこれだったら罪悪感なく塗ることができます。色は、グリーン、ピンク、ベージュの3色展開です。筆者は赤みが出やすい体質のため、グリーンを使用しています。

そして、このCCクリーム、化粧下地やコントロールカラーとしても使用することが可能です。化粧下地ってお化粧する際に1番お肌の近くに塗るものなので、お肌に負担をかけないやさしいものを使用したい方にはぜひおすすめです。お値段もリーズナブルなので是非お試しください!

40代!今だから思う キレイな自分になるためにできたこと

私は43歳 今は独身 パートナーと同居中、息子は19歳で、社会人として働いています。

最近思う事、

もっとお肌を大切にしてあげればよかったって事、、

私は 小学生高学年からニキビに悩まされていました。ニキビって遺伝なのかな、母も兄もニキビができやすい体質でした。

肌のくすみに効果なし?ネーヴェクレマの口コミと市販の店舗での販売状況を報告します!

よく思春期にある ほっぺにプチ!くらいでは無く、赤く腫れあがり触るのも痛く 白く化膿してしまうようなニキビでした。

本当に嫌で嫌で 当時流行ったニキビ薬のクレアラシルなども効果なし、

今でも思うけど ニキビって(私のように本当にひどい人)は治らないと思う生まれ持った運命。

顔を不潔にしているわけでもなく、チョコレートをたくさん食べなくてもできちゃうんです。

そして勝手にニキビがつぶれて ニキビの跡ができるんです。潰しちゃだめだよ!よく聞くけど 潰して膿を出さないと痛くていられない状態。

思春期の時は凄く嫌だった コンプレックスだった。肌がきれいなこの方が断然かわいい。

でも 男の子には案外モテたのでそれなりに楽しく卑屈になることなく大人になりました。

大人になってようやくニキビも収まって お化粧が楽しくなってきました。でも肌はニキビ跡のまま

ニキビ跡はもう治る(肌が平らになる)ことはないのでピーリングなど試したけど

若い時は お金がなくてスキンケアにあまりお金をかけることができなかった。またニキビができたら、、と考え

化粧水、乳液、べたべたするから付けなかった。今思えば保湿って大事よね、、長谷川京子さん保湿!保湿!って言ってるもんね。

結婚してからもまだ若いし 何も考えていなかった。日焼けした方がやせて見えるんじゃないかって思って

日焼け止めなんてつけずに海に行きまくった。紫外線がシミになるなんて知らなかった。

今 43歳になり 自由になるお金も増え 年齢も気になりだし 子育てもひと段落し やっと落ち着いて鏡の前に立った私は、

たるんだ毛穴(たるみ毛穴ももう戻らないらしい)ニキビ跡、目じりのしわ、しみ、くすみ、まぶたのたるみ

もう どうする事も出来ない。できる限りケアはしていこう。

若い私に言ってやりたい!肌を大切に 肌にお金をかけるのは年取ってからじゃない 若い時だ!!

後悔するよ!って