横浜でマンションの改修を行いました

共用部分の大規模修繕による法律

またちょうど大規模修繕により内部の配管等の点検時期にも当たっていたことから、この点検を行う際に合わせて作業を行うことで、一般的な場合よりもさらに深い部分まで作業を行うことができるということがわかったのです。
マンションの配管は電気や水道、排水管のほか様々な通風口なども壁の内側に存在しているのですが、この工務店ではそのルートを事前に把握することで支障がない工事の方法を考えてくれました。
そのため本来は壁は壊すことはできないのですが、大規模修繕の点検がしやすくなると言う観点から壁を取り壊すと言う許可を得てくれ、そのためにイメージを大きく変更することができたのです。
最近ではマンションのリノベーションと言う言葉も流行っており、間取りを大きく変えることで古いものでも現代の生活様式に合うようにすることができるのですが、特に日本の場合には様々な法律の規制が厳しく、また共用部分となっている配管等の影響があるために大胆なリノベーションを行うことができないのが一般的です。
海外では間取りを変更するといった事はよく行われており、配管に影響がないように考慮すれば良いと言う考え方なのです、日本の場合には簡単には進まないため様々な分野での許可を得ることが重要となります。

内装改修のため横浜の工務店に相談共用部分の大規模修繕による法律工務店が非常に良心的で大胆な改修